湯楽庵的日常

yurakuan.exblog.jp
ブログトップ

道を撮る・その1

d0030373_18492491.jpg

道といってもいろいろありますな。
クルマが通る道路、電車が通る鉄道、ヒトが歩く歩道など・・・・。

これまでいろんなところを旅してきて、いろんな「道」に出会ってきました。

1回目は、東京の「根津神社」を。
この神社は森鴎外や夏目漱石など、文豪と呼ばれる方々の作品にも登場する由緒ある神社です。

いま注目されている「谷中・根津・千駄木」の下町散策のコースに組み入れるのもよろしいかと^^

趣がある本殿もいいのですが、この立ち並ぶ鳥居を見ると、ついくぐりたくなるものです。
ちなみに、この先には「乙女稲荷神社」があります。

それにしても、鳥居の高さがビミョーなんですね。頭をぶつけるかぶつけないかの高さ。
なので、つい前かがみになってしまう。
傍から見れば、頭(こうべ)を垂れつつお参りするという状況に。

神様を前に、謙虚になれよという装置でもあると思ったり。

■お気楽系ホームページ『湯楽庵』 ← ここをクリックすればジャンプします。
※7月5日、庭活計画の新しいコンテンツ「お手入れ編」を立ち上げました。1回目はランタナと芝桜の手入れの模様です。
[PR]
by yurakuan | 2010-07-06 18:52 | ぶらり旅