湯楽庵的日常

yurakuan.exblog.jp
ブログトップ

今年の京都の紅葉は、こんなでした~ 『銀閣寺』 編

d0030373_18175821.jpg

永観堂から哲学の道を歩いて銀閣寺に向かいました。
哲学の道は紅葉が少しあったけど、桜並木は落葉が早いためか寒々とした光景でした。やはり桜の花の頃が哲学の道のベストシーズンですね。ただし、ものすご~く人が多いだろうけど・・・・。

で、銀閣寺に向かう途中の茶屋で甘酒と和菓子をいただいて、いざゆかん銀閣寺へ!
気合が入った理由は、2年前に訪れた銀閣寺が修復工事中だったから。
屋根の葺き替えと耐震工事ということで、国宝の観音殿(銀閣)は足場と幕にすっぽりと覆われていたのでした。
当時の状況は ⇒ こちら

銀閣寺の紅葉は少ないのですが、清水寺や金閣寺などと並んで京都観光の定番中の定番ですからね、大勢の参拝客で賑わっていました。
あまりにも人が多すぎて、写真を撮るのもひと苦労^^;
上の写真は腕を伸ばしてカメラを高く掲げ、群衆の頭越しに撮ったものです。

修復工事を終え、立派になった銀閣を見つめていたワシのそばに女子高生とおぼしきグループがいたのですが、「えぇ~? これが銀閣寺ぃ~?」「ガッカリぃ~」「五重の塔とか建っているのかと思ったぁ」と、ブーイングの嵐。

「あのなぁ・・・・キミたちに、この渋さが理解できるのは、10年・・・、いや20年かかるかもなぁ」と、オジサンはつぶやいたのでした。

d0030373_18185756.jpg

銀閣とともに国宝に指定されている東求堂です。脇にある紅葉とともに。

d0030373_1820181.jpg

銀閣寺は紅葉よりも苔の方に目がいってしまいます。

d0030373_1821118.jpg

庭の斜面を上ると、見事な景色が広がっていました。これぞ京都の秋ですな。

※次回は京都の紅葉シリーズの最終回です。

◆10年目を迎えた湯楽庵ホームページ更新情報
・12月11日、湯楽庵探訪の『住まいづくり編』 ⇒ 『番外編』 を更新しました。
・現在、ボタニカル・ライフの『庭活計画』 ⇒ 『苔(モス)プラン』で、京都嵐山の「苔寺」のレポートを準備中です。
こちらからもジャンプできます。 ⇒ 
『10年目を迎えた湯楽庵HP』
[PR]
by yurakuan | 2010-12-16 18:21 | 京都ぶらり旅2010