湯楽庵的日常

yurakuan.exblog.jp
ブログトップ

世界遺産見聞録・厳島神社その5

d0030373_15533698.jpg

d0030373_15545939.jpg

土産物屋を冷やかしているうちに、みるみる潮が引いて大鳥居まで歩いていけるようになっていた。
「うーん、ラッキーじゃのう」
菅原文太のように渋く浜に下りてみたけれど、靴がぬかるむんじゃないかとへっぴり腰になるワシ。案内人Sは潮溜まりをジャンプして缶コーヒーの中身をぶちまけてしまうし。
潮干狩りに来たんじゃないんだから、もっと厳粛に―――などという考えは、裸足でたわむれるカップルや若いおねーちゃんグループの嬌声に萎えてしまうのだった。
d0030373_1555306.jpg

大鳥居の主柱は楠の自然木で、九州や四国から選ばれたんだそうな。
この大鳥居の重み自体でこうやって浜辺に立っているのだ。考えてみるとすごいことである。
d0030373_15555461.jpg

振り向けば、厳島神社の本殿。海に浮かぶ神社という奇想天外な発想は、誰が、どうやって生み出したものなのだろう。

■これで厳島神社編は終わりです。ブログでこんなにも詳しく報告するつもりがなかったので、写真をたくさん撮っていなかったのが心残りです。
それと・・・・。本殿から大鳥居を見ると、ちょうどいい角度に対岸の白くて大きな建物が入ってしまいます。これは明らかに狙って建てたと思われ、ワシ的には非常に残念と言わざるを得ません(一部、前々回の写真に写ってます)。どうしてこんなことが許されるのか、広島県民は怒らないのか! なんて鼻息が荒くなってしまうのです。

■広島にはもうひとつ、「原爆ドーム」という世界遺産がありました。せっかく広島市内の平和大通りを歩いたのに、お好み焼きのことばかり考えていて原爆ドームことはすっかり忘れてました。これは大失態ですね。

■世界遺産見聞録第二弾は、隣の島の「屋久島」を予定しています。とゆーか、行けるときに行っとかないと。来年の初夏以降を予定しています。その前に、どこかへ行きたい・・・・。
[PR]
by yurakuan | 2006-09-30 15:56 | ぶらり旅