湯楽庵的日常

yurakuan.exblog.jp
ブログトップ

妖怪に逢いにゆく・その1

中国山地を越えて、鳥取県の境港へひた走った。
境港といえば、「ゲゲゲの鬼太郎」原作者・水木しげる記念館のある、由緒正しい妖怪の巣窟なのである。
旅の最大の目的がここを訪れることにあったので、ワシは大いに期待していたのだった。

記念館に続く商店街からして異様であった。
水木しげるロードと名付けられた歩道のいたるところに、わらわらと妖怪のブロンズ像が鎮座していた。鬼太郎やねずみ男といった人気者をはじめ、名も知れぬ妖怪ども―――たんなる漁港の古びた商店街が、水木しげるワールドで染まっている。
d0030373_1537204.jpgd0030373_15374457.jpg
















d0030373_1538797.jpg

妖怪じゃないサラリーマン山田までも・・・。これには笑っちゃいました。(つづく)
[PR]
by yurakuan | 2006-11-08 15:24 | ぶらり旅