湯楽庵的日常

yurakuan.exblog.jp
ブログトップ

神社仏閣にあこがれる・本福寺編③

d0030373_1523840.jpg

池の真ん中にある階段を下って本堂へ・・・・。

d0030373_15233926.jpg

朱に塗られた木製の壁・・・・。コンクリートの壁面にも朱色が映り、まさに「朱の回廊」といった雰囲気になっています。

d0030373_1524158.jpg

回廊をぐるりと進むと本堂が現れ、ここは全面が朱の空間となっていました。
薬師如来像が本尊ですが、残念ながらこの空間は撮影禁止です。

d0030373_15242593.jpg

本尊の背後にはこのような格子の大扉があって、本堂内部に光を取り込むような仕掛けが施されていました。
ここを開け放てば本尊を朱に染め上げ極楽浄土が出現するという演出なんだとか・・・・。
へぇ・・・すごい・・・

設計当初、この寺の住職や300余りの檀家すべてが建設に反対したそうです。
それをどのように安藤忠雄が説得したのか、とても興味があります。
[PR]
by yurakuan | 2007-09-28 15:27 | ぶらり旅