湯楽庵的日常

yurakuan.exblog.jp
ブログトップ

京都「無鄰菴」を訪ねて・その2

d0030373_2112930.jpg

無鄰菴(むりんあん)は細長い三角形の庭園で、いちばん奥の方に東山を借景にしているのですが、なんだか目の前の計算づくの木々や水の流れに気を取られてしまって、庭園全体を俯瞰することを忘れました^^;
それほどに、ある種の物語性のある庭園だということもあるけれど、実は、書院(休憩処)で抹茶を飲みながらじっくり見てやろうという目論見が、賑やかな団体さんが動いてくれず、邪魔で見ることができなかったわけで・・・・。

そんでもって庭園のいちばん奥には三段の滝があって、ここから琵琶湖疏水を引き入れているわけなんですが、場所ごとに水の流れを呼んだり、ゆるやかにしたりで、これはなかなかに工夫されてるなと。

そういえば、この庭園には膨大な量の石が使われてます。
小川を渡る飛び石などなど、まぁ、シロウトながら巧みな配置に感嘆した次第。

d0030373_21123452.jpg

d0030373_21144285.jpg

玄関前や、数奇屋の足元にも、石仏や蹲踞などがさりげなく置かれていたりして、一瞬たりとも見逃せない仕掛けがそこかしこに。
京都の庭園を見学したいとお考えの方には、ぜひおススメしたいスポットのひとつです。
[PR]
by yurakuan | 2008-06-10 21:23 | ぶらり旅