湯楽庵的日常

yurakuan.exblog.jp
ブログトップ

みちのくひとり旅「白神山地・番外編」

白神山地・十二湖を訪れたのは夏の終わりのことでした。
あれから、さくさくっと時は過ぎ・・・・南国指宿でも深まりゆく秋を感じるようになりました。

で、突然思い出したように、番外編を^^;

十二湖からの帰りは五能線を使って青森県・弘前へ行き、弘前から特急に乗り換えて八戸へ。そして八戸から東北新幹線で東京へという、東北ぐるり旅でもあったのです。
本当は、鈍行列車を乗り継いでゆっくりと周りたかったのですが、なにせ時間的余裕がなくて・・・・。
d0030373_1619359.jpg

ワシが乗った「リゾートしらかみ3号」弘前行きは、日本海の名勝のひとつ『千畳敷駅』に到着。
駅舎もない無人のこの駅では10分間停車するのですが、な、なんと、乗客は下車はもちろん、駅を出て国道を渡り、目の前に広がる千畳敷をしばし散策できるのです。

下車するときに「発車3分前に汽笛を鳴らすから、それまでに戻って来い」という車内アナウンスがあってのことですが。いやぁ、これにはびっくりしました。
d0030373_1620734.jpg

d0030373_16203460.jpg

この日の日本海はちょっと風があり、波が立っていました。
実際にここに降り立って平坦な海岸とその向こうに広がる日本海の広さを眺められるのは、車窓からの眺めよりも何倍も得した気分になるのでした。

この後、千畳敷を出発したリゾートしらかみ3号の車内では津軽三味線の生演奏があったりして、サービスも充実してましたな。
それから弘前~八戸間の特急列車からは、色付き始めたりんご畑を見ることができて、「青森にキタ~」という感じがして、いやぁヨカッタ、ヨカッタ^^

■お気楽系ホームページ『湯楽庵』を更新しました。 ← クリックするとジャンプします。
[PR]
by yurakuan | 2008-11-04 17:12 | ぶらり旅