「ほっ」と。キャンペーン

湯楽庵的日常

yurakuan.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:世界遺産を見る( 35 )

屋久島の小さな滝

d0030373_19401531.jpg

屋久島での仕事の合間に、小さな滝を見つけました。

屋久島の滝といえば、「千尋の滝」や「大川の滝」が有名ですが、これは海に流れ落ちる滝。
何という名前なのでしょうか。
地図で調べても載ってなかった・・・・^^;
[PR]
by yurakuan | 2011-07-08 19:41 | 世界遺産を見る

白川郷・合掌造りを堪能する⑥

d0030373_20264213.jpg

国指定重要文化財の合掌造り、『和田家』です。
手前は田んぼ。
緑の季節あるいは稲穂が実った季節ならば、さぞかし絵になるでしょうね。
それにしても、せめて雪化粧の合掌造りであって欲しかった。
田んぼの残雪がその名残を留めてるけど・・・・。何もかも中途半端だったのが、ちょっと悔やまれましたな。

d0030373_20322476.jpg

お屋敷の中に入ると、いきなり飛騨地方のお守り「サルボボ」がお出迎え!
黒光りした柱や壁、建具をバックに桃の節句の飾りが映えてます。

d0030373_20594286.jpg

現在も1階を中心に住居として使われていますが、3階は「神田家」と同様、合掌造りの説明や民具が展示されてました。
それにしても電灯がずらりと並ぶ、とても広い空間です。

d0030373_214223.jpg

蚕棚には本物の繭玉がありました。
いやぁ、ワシの田舎でも昔は養蚕が盛んだったから、これは懐かしかったなぁ。

d0030373_2143942.jpg

d0030373_2181874.jpg

階段といい、使いこなされた鉄瓶に五徳といい・・・・建物と生活用具に、ふと懐かしさを覚えました。

これで白川郷・合掌造りを堪能するシリーズを終わります。

お気楽系ホームページ『湯楽庵』は、4月中旬に更新予定です。
[PR]
by yurakuan | 2009-04-08 21:19 | 世界遺産を見る

白川郷・合掌造りを堪能する⑤

d0030373_1835612.jpg

雨が小降りになってきたので、集落をそぞろ歩きしてみました。

d0030373_1853381.jpg

カラダが冷え切っているし、腹も減ってきたし・・・・。
とうとう我慢できず、集落の中にある蕎麦屋で昼食休憩。いやぁ、うまかった^^ おっと写真を撮るのを忘れてました。

そして・・・・集落で最大の合掌造りで国指定重要文化財の「和田家」をめざしたのでした。
d0030373_18131711.jpg


お気楽系ホームページ『湯楽庵』を4月4日に更新しました。
今回は、『土地探し編』をアップしました。 ← 左をクリックするとHPにジャンプします。
[PR]
by yurakuan | 2009-04-07 18:17 | 世界遺産を見る

白川郷・合掌造りを堪能する④

早いもので、もう4月です。
春は出会いと別れの季節です。
で、当ブログはそんな春のネタとは関係のない白川郷・合掌造りの話題が続きます^^;

d0030373_19531035.jpg

床・天井・壁・柱・・・・すべてが黒光りしています。
普段は窓が多くて明るい家に住んでいますので、「たまにはこういうほの暗さもいいもんだな」と思いました。

d0030373_19533425.jpg

d0030373_19535385.jpg

アンティークな柱時計や電話機が、実に似合います。

d0030373_19543277.jpg

囲炉裏のそばは暖かい。火を見ていると気持ちが落ち着きますな。

お気楽系ホームページ『湯楽庵』は、4月4日(土)に更新予定です。
[PR]
by yurakuan | 2009-04-02 19:56 | 世界遺産を見る

白川郷・合掌造りを堪能する③

d0030373_210734.jpg

白川郷・合掌造りの内部を見学できる「神田家」では、このように合掌造りの仕組みを説明したプレートがそこかしこにありました。
それにしても・・・・写真が手ブレしまくりですね^^;

d0030373_2103899.jpg

長年にわたって煙で燻されてきたので、木材は黒光りしてマス。
ところで、矢印の部分は「駒尻(こまじり)」と呼ばれる部分です。

d0030373_211411.jpg

その説明書きですが、ここでブルーノタウトの名前が出てくるとは・・・・。

d0030373_2195027.jpg

屋根の「縫い針」です。ケヤキとかいろんな樹木でつくられてました。

d0030373_21124548.jpg

お屋敷のいちばん上、合掌造りの手が合わさった部分です。

お気楽系ホームページ『湯楽庵』を3月29日に更新しました。
今回は、シロウトの和風の庭づくり「庭活計画」をアップしました。 ← 左をクリックするとHPにジャンプします。
[PR]
by yurakuan | 2009-03-31 21:14 | 世界遺産を見る

白川郷・合掌造りを堪能する②

d0030373_18101038.jpg

お屋敷の囲炉裏には火が赤々と燃えていました。

写真は2階の「男部屋」にある小窓から見た囲炉裏です。
火を絶やさぬよう、ここから常に見張っていたそうです。
厳しい冬の暮らしぶりがうかがい知れます。
また、囲炉裏の煙で建物の内部をいぶすことで、シロアリの防除や木材の腐敗を防いでいるのです。
この小窓は、「囲炉裏が合掌造りには欠かすことができないんだよ」ということを語っている気がしました。

d0030373_1810371.jpg

3階は思ったより広い空間です。
囲炉裏の煙がただよって、ちょっとけむたかった^^;

養蚕業が盛んな頃、この空間には養蚕棚が置かれていました。
その名残を今に伝える養蚕の道具をはじめ、さまざまな農機具・民芸品が陳列されていました。

お気楽系ホームページ『湯楽庵』を3月29日に更新しました。
今回は、シロウトの和風の庭づくり「庭活計画」をアップしました。 ← 左をクリックするとHPにジャンプします。
[PR]
by yurakuan | 2009-03-29 18:27 | 世界遺産を見る

白川郷・合掌造を堪能する①

d0030373_1122166.jpg

せっかく飛騨高山へ行ったのだから、その先の世界遺産、合掌造りの集落で有名な「白川郷」に足を運ばねば、この旅は片手落ちというものです。

高山駅から白川郷までは高速バスで1時間10分・・・・。
今年の白川郷は例年になく雪が少ないと聞いていましたが、行ってみるとぜんぜん雪が無かった。
白銀のなかの合掌造りを期待したワシとしては、ちょっとザンネンでした。

天気はこの日も雨。皮肉にも時おり雪が混じります。
3月中旬とはいえ、真冬の鹿児島より寒い。
傘を持つ手がかじかんできて、あわてて手袋をはめたほど。

d0030373_113257.jpg

まずは集落をじっくりと歩き周り、集落を一望できる展望台へ・・・・なんて悠長な考えは、この寒さでくじけてしまい、建物の中を見学できる「神田家」のお屋敷へ吸い込まれてしまいました。
d0030373_1132548.jpg

綺麗に刈り揃えられた萱葺き。
伝統の技は、遠くからだけでなく近くで見ても美しいものです。

お気楽系ホームページ『湯楽庵』は、3月28日(土)に更新予定です。
[PR]
by yurakuan | 2009-03-27 11:07 | 世界遺産を見る

古都の紅葉 『東福寺』編・その2

d0030373_0364431.jpg

d0030373_0371284.jpg

アップダウンのある広い境内でしたが、ときどきすごい紅葉に出くわすので全く疲れを感じませんでした。
d0030373_0374576.jpg

d0030373_038443.jpg

これで京都の紅葉は見納めです。

この1年のブログの内容を振り返ってみると、京都に始まり、京都に終わった感があります。
それに白神山地編もあってか、樹木の写真がやたらに多いのも特徴ですかな。

まぁ、そんなわけで、今年も脱力系ブログ『湯楽庵的日常』にお付き合いいただき、感謝・感謝です^^
来年もよろしくお願いします。

■12月29日、お気楽系ホームページ『湯楽庵』を更新しました。 ←ここをクリック!
[PR]
by yurakuan | 2008-12-30 00:41 | 世界遺産を見る

古都の紅葉 『東福寺』編・その1

d0030373_21423997.jpg

次回で古都の紅葉シリーズは最終回と予告しておきながら、あやうく年を越すところでした^^;
最後のお寺は「東福寺」です。

d0030373_214395.jpg

撮影日は11月25日。
この頃の京都は、どこへ行ってもヒト・ヒト・ヒト・・・・。
東福寺もJRの駅(正確には降り立った駅のホーム)からヒトが連なっておりましたとも。

d0030373_21433375.jpg

境内の落ち葉を拾うヒトもたくさんいました。紅葉狩りって、観て楽しむことを言うのでしょうが、これぞ本当の紅葉狩りですな。

次回、ホントにこのシリーズの最終回です。

■お気楽系ホームページ『湯楽庵』を12月29日に更新します。 ←ここをクリック!
[PR]
by yurakuan | 2008-12-28 22:00 | 世界遺産を見る

古都の紅葉 『南禅寺』編・その3

d0030373_1795971.jpg

d0030373_17102183.jpg

d0030373_17104485.jpg

南禅寺編は、これにておしまい!
いよいよ古都の紅葉シリーズは次回で最後です。

お知らせ♪
お気楽系ホームページ『湯楽庵』を21日に更新します。
[PR]
by yurakuan | 2008-12-20 17:27 | 世界遺産を見る