「ほっ」と。キャンペーン

湯楽庵的日常

yurakuan.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:うまいもの( 46 )

たまには日本酒でも

d0030373_22303648.jpg

早いもので、もう3月・・・・。
1日、1日がとても短く感じられます。年を取った証拠なんだろうね、きっと。

さて、焼酎文化にどっぷり浸かっているなかで、日本酒のことはからきし分からないときています。
そんなワシが、フトした弾みで日本酒を買ってしまったのです。
京都・伏見の「玉乃光」という純米大吟醸を。
別にこれだと決めていたわけではありません。というか、そもそもは日本酒ではなく宮崎の焼酎を買いに行ったのでした。
で、棚の中で隣り合っていた「黒霧島」か「木挽」にするかちょっと悩んでいたところに、この日本酒のビンが目に入ってしまったのです。

「まぁ、たまにはいいか」と買ったわけですが、日本酒の味はわからなくとも、十分、美味しゅうございました。
あっという間にビンは空になりました。

【お知らせ】
お気楽系ホームページ『湯楽庵』の更新にむけて、ちょっとずつ頑張ってマス。
レイアウトはほぼ固まりましたが、大半のコンテンツについては文章も見直しています。
なので、もうしばらく時間がかかります。今月中には何とか・・・・(汗)
[PR]
by yurakuan | 2014-03-02 22:35 | うまいもの

やっぱりカレー!

d0030373_22585275.jpg

2014年、最初のうまいものは「カレー」です。
月イチで4~5食分を作り、半分はパックに入れて冷凍保存してます。
単身暮らしにとっては、欠かせないメニューとなってマス。

ルーは市販の辛口を。
特にこだわりのレシピとかはありませんが、ジャガイモやニンジン、それにポークがごろごろした具だくさんカレーが好きです。

【お知らせ】
湯楽庵HPのリニューアル版の公開は、もう少しお待ちくだされ。
[PR]
by yurakuan | 2014-01-19 23:04 | うまいもの

博多の塩豆大福

d0030373_2227205.jpg

博多の土産と言えば、「辛子明太子」が鉄板ですな。
他にも「ひよこ饅頭」、「チロリアン」、「博多通りもん」、「にわかせんべい」などなど。
d0030373_22273616.jpg

この「塩豆大福」は、福岡空港でたまたま目について衝動買いしました。
塩がよく効いてました。天草の天然塩だとか。

【お知らせ♪】
ず~っと前から予告していたにもかかわらず、リニューアル版をアップできないでいる 『湯楽庵ホームページ』 ですが、ようやくリニューアル版公開のメドが立ちそうです。
[PR]
by yurakuan | 2013-11-07 22:28 | うまいもの

日南名物「あぶり重」

d0030373_22491282.jpg

宮崎県の南部・日南市の名物料理といえば、カツオのあぶり重です。
カツオの水揚げで名を馳せている油津港があるだけに、新鮮なカツオを使った比較的新しい郷土料理と言えます。
指宿でも山川港で水揚げされたカツオのたたきが有名だけど、ここ日南では、ミニ七輪で炙って食べるのです。

d0030373_2249485.jpg

オイラ的には「たたき」よりもこっちの方が好きだなぁ。
熱々の炙ったカツオ(あらかじめタレがついてます)をご飯に乗せて食べるのも美味いけど、半分残したご飯に炙りカツオをのせ、出し汁をかけてお茶漬け風にしてかきこむのも、なかなか美味いっす。

そんなわけで、日南に訪れる機会があれば、一度おためしあれ!
[PR]
by yurakuan | 2013-02-10 22:50 | うまいもの

塩鯖定食に舌鼓を打つ

d0030373_18121666.jpg

今日は関東地方の雪のニュースでもちきりですが、南国・宮崎は暖かな晴れの天気でした。
そんな天気の話題とは無関係ですが、食堂で「塩鯖定食」を注文してパクつきました。

特に評判の店でもなく、ひょいと入った食堂の、いたって普通の塩鯖定食です。
実を言えば、「豚の生姜焼き定食も良かったな」と。

写真を見ると、塩鯖よりも漬物がメインのような・・・・。
実を言えば、「豚の生姜焼き定食の方が良かったかも」と少しだけ後悔したけれど、なかなかうまかった。

【湯楽庵ホームページ情報】
お気楽系ホームページ『湯楽庵』のリニューアルは1月下旬の予定です。
[PR]
by yurakuan | 2013-01-14 18:19 | うまいもの

今シーズン初めての鍋料理!

d0030373_22142716.jpg

秋が深まり、冬の足音が近付いてますな。そろそろ鍋の美味しい季節になりました。
てなわけで、初鍋です。
鶏のぶつ切り、地元産の豆腐、白菜、さつま揚げが具の水炊きです。
これをポン酢ともみじおろしで、ハフハフ言いながら食べました。もちろん、ひとり鍋ですが・・・・。

【湯楽庵ホームページ情報】
11月下旬、お気楽系ホームページ『湯楽庵』をリニューアルする予定です。
[PR]
by yurakuan | 2012-11-12 22:14 | うまいもの

芋焼酎「原口屋 甚衛門」

d0030373_18252280.jpg

ちょっと焼酎ネタから遠ざかっていましたが、相変わらず飲んでますよぉ
最近、飲んでみて「う~ん」と唸ったのがこの『原口屋 甚衛門』です。

鹿児島県・吹上浜の近くに、原口酒造という老舗の焼酎蔵があります。
名前だけは知っていたのですが、ここの芋焼酎はこれまで飲んだことがありませんでした。

先日、湯楽庵に帰省した折、鹿児島中央駅の焼酎ショップで、ワシの目を引いたのがこの焼酎デス。
特に贔屓の焼酎蔵も銘柄もないワシは、何と言いましょうか、直感で選ぶ性分なんですな。

さてさて、この焼酎は、すっきり、まろやか、コクがあるなどという、ありきたりな表現は間違いではないのですが、もっとこう、奥の深さを感じる焼酎でした。
何だかわからん結論になってしまったのは、あっという間に飲み干してしまったからなんですねぇ。
まぁ、要するに美味い焼酎であったわけです。
[PR]
by yurakuan | 2012-11-08 18:26 | うまいもの

小さな酒蔵で一所懸命に造った焼酎

d0030373_19223852.jpg

ご無沙汰してました、焼酎ネタです。
あ、正月だから飲んだくれているのではありませんよ(笑)

指宿の某酒店で見つけた芋焼酎です。
初めて見たので、去年、デビューしたばかりでしょうか。
このネーミングには、苦労の跡を垣間見れるのか、それとも名前が決まらず窮余の策なのか、はたまた、ねらっているのか。
いずれにしても、変わったネーミングに違いありませんね。

飲んだ感想は・・・・・クセのない芋焼酎です。
芋臭くなくてフルーティーな香り、それでいて飲むとしっかり芋の甘味が広がるという、近頃の芋焼酎っぽい焼酎です。

【湯楽庵ホームページ更新情報】
ホームページ開設10周年ということで、現在、リニューアル中です。
2012年も頑張りまっす。

http://www14.plala.or.jp/yurakuan/index.html
上のURLをクリックするとジャンプします。
[PR]
by yurakuan | 2012-01-03 19:30 | うまいもの

ふたたび、至福の海鮮丼

d0030373_20172583.jpg

去年も紹介した海鮮丼を、またまた食べました。
大隅半島の南の端っこ、すなわち、本土最南端で食す海鮮丼です。

アジ、カンパチ、ハマチ、鯛、鯖・・・・
前回紹介したものとは違い、白身魚中心のオーダーですが、とにかく、新鮮で活きの良い刺身ばかり。
これに、イワシの煮付けと味噌汁がついて、1000円ポッキリなのです。

d0030373_20173963.jpg

器からはみ出したてんこ盛りの刺身!
その下には、当然、アツアツのご飯ですが、それだけではありません。
刺身とご飯の間には、ゴマが振りかけられたワカメが敷き詰められています。

わさびを溶かした醤油を刺身にかけて、豪快に食らいつく。もう、至福の瞬間です。
[PR]
by yurakuan | 2011-07-13 20:21 | うまいもの

京都・出町 ふたばの豆餅

d0030373_21125764.jpg

京都への旅のいちばんの思い出は、紅葉よりも・・・・出町ふたばの「豆餅」でした。
ガイドブック等で評判の、いつも行列のできる店の豆餅をぜひとも食べておきたいと思ってました。

場所は賀茂川と高野川が合流する糺の森(ただすのもり)近くの出町というところ。
バスを乗り継いで目的地へ行くと黒山の人だかりが。
とあるガイドブックには、「行列ができているからすぐわかる」と書かれていましたが、いやはや、凄い人です。

訪れた日はちょうど休日だったので、いつもよりさらに多かったとか。
結局、40分も並んだのでした。
これだけ待つと、「豆餅」2個だけではもったいないと思い、旬の味・丹波の栗をつかった「栗餅」に、きな粉の「おはぎ」まで買ってしまいました。

d0030373_21131958.jpg

さすがに並んだ人たちにカメラを向けるわけにはいかず、店の雰囲気がちょっとだけわかる写真を。

ふたばの「豆餅」は、北海道富良野の赤エンドウ、十勝産の小豆、滋賀県江州羽二重もち米を使っています。

で、お味はといえば・・・・40分も並んだ甲斐がありました。
絶妙な甘さと塩加減に、「んぐぐ」と唸りました。

よくTVのグルメ番組で、リポーターが口に入れた瞬間に「おいし~い♪」と言いますが、あれは嘘ですな。
本当にうまいものを食ったときって、言葉が出ないものです。

それほどにおいしかった。
今年も残すところわずかですが、この1年でもっともうまいものと言えます。
もちろん、栗餅やおはぎも絶品でしたな。

次に京都へ行く機会があれば、また出町ふたばに並びます^^

◆10年目を迎えた湯楽庵ホームページ更新情報
・12月11日、湯楽庵探訪の『住まいづくり編』 ⇒ 『番外編』 を更新しました。
・12月21日、ボタニカル・ライフの『庭活計画』 ⇒ 『苔(モス)プラン』で、京都嵐山の「苔寺」のレポートをアップしました。また、TOPページのマイナーチェンジも行いました。
こちらからもジャンプできます。 ⇒ 
『10年目を迎えた湯楽庵HP』
[PR]
by yurakuan | 2010-12-23 21:15 | うまいもの