湯楽庵的日常

yurakuan.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧

駅前の足湯が完成!

d0030373_21352115.jpg

JR指宿駅前の足湯が完成です。
この足湯は無料で開放されていますが、てっきりJR九州がこしらえたもんだと思っていたら違いました。実は、地元の商工会や建築会社などが浄財を出し合ってできたそうです。
だから「みんなでつくろう」という看板が立っているわけですね。
d0030373_21355095.jpg

なかなか立派なつくりです。
先日開催された「菜の花マーチ」の参加者の評判も上々でした。
d0030373_213699.jpg

ワシも足湯に浸かってみました。
[PR]
by yurakuan | 2006-01-31 21:36 | 湯めぐり探訪

菜の花畑!

d0030373_193720.jpg

1月28日・29日の2日間、「第14回いぶすき菜の花マーチ」というウォーキング大会に参加しました。
沿道の菜の花が、それはそれは見事でした。
[PR]
by yurakuan | 2006-01-30 01:11 | 田舎暮らし

名も知らぬ小さな花

d0030373_21545391.jpg

庭の雑草とりの最中、思わず手を休めて見入ってしまう草花に出会うことがあります。
大抵は、エイヤっと躊躇なく引っこ抜いてしまうのですが、岩間から生えているこの草はずっとそのままにしていました。
やがて、ひっそりと小さな白い花が。厳しい寒さのなかで、よくもまぁ、咲いたものです。
いったい何という花なのでしょうか。

そういえば、ある植物の本で 「雑草という名の草は無い」 という記述をみかけました。
植物に対する深い愛情が感じられる言葉です。

ワシもかくありたいと思うのですが、春になって雑草がはびこるようになれば・・・・。


※自家製高菜漬けの顛末ですが、はっきりいって失敗でした。
全然漬かってなくて、ほとんどナマ! 別の野菜でリベンジです。
[PR]
by yurakuan | 2006-01-26 21:57 | 雑木林の庭

H2Aロケット打ち上げ!

d0030373_17354158.jpg

H2Aロケットの打ち上げをわが家から撮りたかったのですが、あいにく種子島の方向と太陽の位置が同じだったので、まぶしくてまぶしくて・・・・。

打ち上げは成功だったようですが、撮影は失敗でした。
[PR]
by yurakuan | 2006-01-24 17:36 | 田舎暮らし

本日、水戸のご老公が指宿入り!

今夜の水戸黄門は指宿が舞台です。
なんと、ご老公は指宿で怪我されるそうな。水戸黄門公式ホームページによれば---

水戸老公一行は指宿に着いた。足を滑らせて腰に怪我をした老公は、医師・網野甚内の治療を受ける。高額な治療費を要求され老公は驚くが、網野が貧しい者からは一切金を受け取らないと聞き感心する。

旅で出合った姉弟がこの網野を父親の仇として狙っていたり、悪代官と米問屋が結託して年貢を操作して人々を苦しめていたり、医師・網野は人々のために薬草の研究もしているが、この悪代官の不正を正そうともしていたり---と、まぁ、いかにも水戸黄門らしいお話です。でも、指宿が舞台でなくても良さそうなストーリーでは???

ワシとしては、「由美かおるの入浴シーンがどんなところで」ということに興味アリ。まさか、普段の代官屋敷の風呂なんてことないでしょうね。
せっかく指宿まで来たのですから、それらしいところで入浴していただきたいものです(笑)。
[PR]
by yurakuan | 2006-01-23 10:49 | ぶらり旅

大寒!

d0030373_23542064.jpg

温泉の川です。
[PR]
by yurakuan | 2006-01-20 23:54 | 湯めぐり探訪

高菜漬けに挑戦!

d0030373_21253475.jpg

ご近所さんからいただいた高菜を漬けてみました。
塩漬けとか醤油漬けがポピュラーだと思いましたが、ここはちょっとこだわってみようと。

実は漬けものが大好きで、いつかは自分でいろんな漬けものを作ってみようと3年前に本を買ったのですが、根がずぼらなんで、いままで本棚に飾っていました。
今回、ようやくチャレンジしようと、重い腰をあげたのです。

まずは塩をふって半日塩漬けします。
d0030373_2126318.jpg

漬け汁は青森県の漬けもののプロのレシピを参考にしました。
みそ、しょうゆ、水、砂糖、かつお節、日本酒---そして、和辛子を入れることになっているのですが、わが家にはそんなものないし、九州では唐辛子の「辛子高菜」が豚骨ラーメンによく合うので(笑)、わが家でも唐辛子でピリリとさせようと考えました。
d0030373_2127666.jpg

漬け汁を絡めて、重石をかけます。
2・3日で漬け上がるそうですが、味の方は後日レポートします。
[PR]
by yurakuan | 2006-01-18 21:28 | 漬けもの修行

1・17に思う

阪神淡路の震災から11年目を迎えました。
あの地震から2ヵ月後の、まだまだ混乱が続いていた神戸に入ったワシ。惨状を目の当たりにした衝撃は一生忘れることはできないでしょう。
以来、毎年1月17日に神戸を訪れて、慰霊祭で被災者の方々とともに合掌し、そして学者・マスコミ・ボランティア・NGOなどが主催するシンポジウムや現地調査に参加してきました。

仮設住宅での不自由な暮らし、復興住宅と名付けられた高層マンションで暮らす身寄りのないお年寄り、家を建替えたことによる二重の住宅ローン、修繕か建替えかで揺れるマンション住人、震災で分断された地域のコミュニティ、営業を破壊された商店主、教育現場での子供たちの心のケア・・・・・・。

---こうしたさまざまな実態を多くの被災された方々から直接、話を伺うことで知ることができ、本当の意味での復興とはどのようなものなのかを考えさせられました。

ここ4年間は神戸訪問が途絶えてしまっていますが、いまだに多くの被災者には深い傷が残っているのではないかと想像します。
阪神淡路の震災後も自然災害が頻発していますし、重大な事故も後をたちません。
そうしたなかでの耐震補強の偽装問題。金儲けのためなら何でもありの論理。関わった連中は11年前の出来事をとっくに忘れてしまっている。

1月17日は、安全で安心して暮らせるために何が必要なのかを考える日なのです。
[PR]
by yurakuan | 2006-01-17 01:29 | 住まい

にっぽんの温泉百選

d0030373_2134347.jpg

温泉ネタがめっきり少なくなっていたところに、朗報が飛び込んできました。

旅行会社や運輸業者などの投票による「にっぽんの温泉百選」(同実行委員会、観光経済新聞社主催)で鹿児島県から指宿が6位、霧島が46位に入った。

---という記事が1月12日付の南日本新聞に載っていました。

指宿が6位という上位にランクされているのは、地元民として喜ばしい限り。でも、ちょっと甘すぎはしないかという気がしないわけではありません。その辺のところを再び南日本新聞の記事から

指宿はグレードの高い老舗旅館の存在や九州新幹線一部開業による利便性向上などが人気の理由。主催者によると、泉質の高さに加え、地域活性化に熱心な温泉地が上位に入る傾向があったという。

---なるほどね。
主催者の観光経済新聞のホームページを見てみました。すると、1位は3年連続で草津(群馬県)、2位は登別(北海道)、3位は由布院(大分県)、4位は黒川(熊本県)、5位は下呂(岐阜県)でした。
審査は「雰囲気」「知名度」「泉質」「施設完備」の4つの項目ごとにランキングが出ていて、指宿はいずれの項目でも高い評価を得、総合で6位だったというわけです。

ランキングの一覧表を見ると、指宿は過去には39位に低迷したことがあります。
あの東の横綱と称される草津温泉でさえ、36位だったことも。きっと、その年その年のいろんな状況がランキングに影響しているのでしょう。

果たして、皆さんのお気に入りの温泉は何位だったでしょうか?
「温泉百選」はメジャーな温泉地ばかりですが、秘湯というほどではないけれど、しっとりと隠れ家的な温泉地もたくさんありますよね。そういう意味でのお薦めの湯どころはありませんか?
[PR]
by yurakuan | 2006-01-14 21:04 | 湯めぐり探訪

冬木立

d0030373_17574973.jpg

春を待ちわびているナツツバキの樹です。
去年の台風でバルコニーの手すりの塗装は剥げ落ちましたが、レッドシダーの外壁は逆に良い感じに洗われています。
[PR]
by yurakuan | 2006-01-12 17:58 | 雑木林の庭