湯楽庵的日常

yurakuan.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 10月 ( 24 )   > この月の画像一覧

ついに、やられちまった!

粉末の殺虫剤を家の周りに撒き
寝る場所に蚊帳を張っているのに

昨夜は酔っ払って畳の上で寝てしまった。
今朝目覚めたら、太ももが赤く腫れ上がってた。

刺されちまったよ、ムカデに・・・・。

痛いし、ため息が出るし。
[PR]
by yurakuan | 2006-10-31 21:07 | 島からの便り

雨不足・・・

d0030373_18474998.jpg

鹿児島県内のある滝です。この秋、雨が少ないために滝の水量が・・・。迫力に欠ける景色になってしまってます。
[PR]
by yurakuan | 2006-10-30 18:47

湯楽庵の秋景色

d0030373_19593171.jpg

湯楽庵のお地蔵さんです。
ススキの穂を抱いて、ニコニコ顔です。

はぁ・・・・温泉に浸かりたいよ。
そろそろ禁断症状が出てきた今日この頃のワシ。
[PR]
by yurakuan | 2006-10-26 19:59 | 雑木林の庭

生命を育む海に飛び込みたかった!

d0030373_19414627.jpg

今日は天気が良くて、昼休みに職場近くの海を散歩しました。
透き通る海が目の前にあるなんて、これは島ならではの贅沢というものです。
d0030373_19415938.jpg

足元に小魚の群れが気持ち良さそうに泳いでいます。
今日の最高気温は26℃。ワシも一緒に泳ぎたい衝動に駆られました。
[PR]
by yurakuan | 2006-10-25 19:42 | 島からの便り

なぜか、カスピ海ヨーグルト^^

ワシのダイエット作戦は、無理せず着実に、かつ科学的(?)に続けています。
一時期、食い物はトコロテン、サツマイモに続き、いまは豆腐ともやし主体となっていて、これにときたま釣ってきた伊勢海老が加わるという、貧しいのか豪華なのかわからん食生活を送っています。

で、昨日、これに強力な助っ人が現れました。
なんと「カスピ海ヨーグルト」の種菌をゆずってもらったのです。
ちょっと前、「ヨーグルトきのこ」とともに流行りましたが、いまも根強いファンがいるわけです。

■カスピ海ヨーグルト
京都大学の家森教授が長寿の村の調査で訪れたコーカサス地方から持ち帰ったとされるヨーグルト菌。この菌は非常に強いので、牛乳と混ぜるだけ簡単に増やすことができる。
家森教授から人の手に渡り、マスコミも取り上げて人気が出た。
整腸作用、便秘解消、美肌などに効果があるとされ、女性にはウケてるようで・・・・。

ところで、なにゆえ種子島にカスピ海ヨーグルトの種菌があったのかについては、南蛮船で渡来したということにしておきましょう^^;
d0030373_15401762.jpg

さて、作り方は至って簡単。
パック入りの無調整牛乳(500mlでも1Lでも良い)の中に、種菌をどばっと入れるだけ。
あとはゴミや雑菌を防ぐために、ティッシュペーパーをかぶせて輪ゴムでとめます。
d0030373_15421757.jpg

今の時期は常温で1日もあれば出来上がりです。

次の種菌として、殺菌した小さなパックに出来たヨーグルトを入れて冷凍保存したら、さっそくいただきま~す。
d0030373_15424381.jpg

粘り気が少々あって、トルコのアイスクリーム「ドンドルマ」に似てます。

味の方は、「う、うまい!」のひとこと。酸味は少なくてマイルド。正直、これほどうまいとは思ってもみませんでした。
琴欧州がCMでやっているブル○リアヨーグルトの方が、よっぽど酸っぱく感じますな。
食べ残しは冷蔵庫に入れましょう。冷やした方がおいしいですよ。
それと、冷蔵庫に入れても熟成が進みますので、お早めに召し上がりましょう。

また食べたくなったら、先に冷凍保存した種菌を自然解凍して、パック入り牛乳に入れる・・・・この繰り返しです。
単身生活ですから、そのうち種菌だらけになるかも・・・・。そんときは誰かもらってくれ~!
[PR]
by yurakuan | 2006-10-24 15:43 | うまいもの

シコンノボタンの花

d0030373_1681571.jpg

島の花盛り・第三弾は「シコンノボタン(紫紺野牡丹)」です。
この花木は塩害や強風にあまり強くないはずですが、島ではいろんな所で咲いているのを見かけることができます。

■昨日の子猫の話
 少し離れた民家の中から、みゃあみゃあと泣き声が聞こえてきましたので、きっと保護されたのでしょう。よかった・・・・。

お気楽系ホームページ「湯楽庵」更新のお知らせ
 新コンテンツ開始の予告編をアップしました。
[PR]
by yurakuan | 2006-10-20 16:08 | 島からの便り

子猫は何処へ・・・・

昨日の昼前、買い物に行こうと自転車を漕ぎ出したら、か細い猫の鳴き声が聞こえくる・・・・。
どこで鳴いているんだろうかと目を凝らしたら、小さな薄茶色の塊がもぞっと動き出した。
それは生まれて間もない子猫だった。

自転車から降りておいでおいでしたら、よろよろとワシの方に近付いてきた。
カラスから突つかれたのか、頭を少し怪我している。

「おまえ、捨てられたのか」
「みゃあ」
「ひとりぽっちか」
「みゃあ」

子猫のうるんだ目に、思わず熱いものがこみ上げてきたワシ。
「そこで待ってろ、ミルク飲ましてあげるから」
「みゃあ」

スーパーで牛乳を買い、息せき切って戻ってきたら、子猫の姿はなかった。
周りは藪なので、きっとその中に逃げ込んでいるに違いないと、探したけれど見つからなかった。

借家住まいだから猫は飼えない、留守がちだから面倒見れない、いずれは島を出なきゃならない・・・・。そんなことを考えて、あきらめようとした。
けれども、あの弱った姿は助けてあげないと命が危ないと思った。
元気になるまで少しの間だけでも面倒見てあげて、それから里親を探してやる方法もある。

ご近所さんにも子猫がいたことを伝えて、ワシは夕方から仕事に出た。

―――今日、仕事から帰ってきて探してみたものの、まだ見つからない。
通りがかりの誰かが見つけて保護してくれてたらいいが・・・・。
[PR]
by yurakuan | 2006-10-19 16:40 | 島からの便り

島の秋、実りの秋

d0030373_1325145.jpg

種子島で実ったサツマイモです。
いま、スーパーや道端の無人販売所でテンコ盛り状態です。

ちなみに赤っぽい方が「安納芋」で、白っぽいのが「むらさき芋」です。ややこしいですね。
[PR]
by yurakuan | 2006-10-18 13:04 | 島からの便り

雑木林はどうなった?②

d0030373_1942643.jpg

9月の台風で塩害が生じてしまいました。
去年までは台風通過直後に葉や枝に水をまいて被害を少なくするのですが、今年はそうもいきません。
「ヤマモミジ」の葉っぱは枯れてきてしまいました。
9月中なら強制的に葉っぱを落として新芽の発芽を促すという“荒業”を施し、そして年末には見事な紅葉が拝めたのに・・・・。しかし、離れて暮らしているとそれすらできません。

ところが、先週の「ヤマモミジ」は梢の方から自然に新しい葉が吹き出してきていました。
過酷な環境に対する適応力、治癒力が増しているのがわかります。

ヤマモミジ以外にも、「ヒメシャラ」や「ナツツバキ」も回復してきています。
また、暴風で主枝が折れた「ヤマボウシ」は、早めに対処したので枯れ込まずに済んでいます。

「緋寒桜」の花芽はどうなのか心配してましたが、数輪の不時開花(くるい咲き)が認められましたので、どうやら花芽も大丈夫なようです。
[PR]
by yurakuan | 2006-10-17 19:11 | 雑木林の庭

七輪でサンマを焼こう!

d0030373_18322579.jpg

スーパーで買ってきたサンマを焼くのは、もちろん七輪で。
秋の風物詩。まだ外は蚊が多いけど・・・・。
[PR]
by yurakuan | 2006-10-16 18:32 | うまいもの