「ほっ」と。キャンペーン

湯楽庵的日常

yurakuan.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 02月 ( 19 )   > この月の画像一覧

石垣島訪問記(2日目・その1)

d0030373_17391019.jpg

普通、3日間の旅といえば、よほど日程が変則的でない限り2日目に最大のイベントを持ってきますよね。
ワシもそのつもりでいて、「マングローブの森をカヌーで探検するツアー」なるものに参加して、石垣島の自然を満喫することにしていました。

ところが・・・・
前の晩、石垣島の地酒(泡盛)「請福」を旨い旨いと飲み始めたまではよかったのですが、いやはや、つい飲み過ぎてしまったのです。自業自得とはこのことを言うんだな。

真冬なのにジリジリと焼きつく日差しは、二日酔いのカラダをさらに消耗させるのでした。
ベッドに横たわり、どろんとした目でいつまでも屋根の赤瓦を見つめるワシ。
体験ツアーは体調がしっかりしてないと、周りにも迷惑をかけるものです。なので、とうとうカヌーツアーをキャンセルしてしまったのでした。
d0030373_17394187.jpg

「石垣島に来て、なにやってんだー」って気合を入れ直したワシは、とりあえず海風に吹かれようと港にやって来たのでした。
d0030373_1740565.jpg

竹富島や西表島などへ渡る船が発着する「離島桟橋」です。
この桟橋は去年の暮れに完成したとのことですが、近くではまだ工事をやってました^^;

それにしても、石垣島は港まで海が青い。
ガイドブックには「雨が降っても濁らずに青いまま」って書いあるけど、本当か?
そんな海を行き交う船を眺めつつ、オリオンビールをぐびりと飲んだら(←けっして迎え酒ではありません)少し調子が戻ってきました。
ワシは今日の分を取り返そうとばかり、翌日出発の竹富島ツアーを申し込んだのでした。
[PR]
by yurakuan | 2007-02-28 17:48 | ぶらり旅

石垣島訪問記(1日目・その3)

1日目は島の3分の2くらいを周り、日が傾き始めた頃、宿に戻りました。
予約が遅かったので、繁華街や港にほど近い宿はどこも満室。空港近くの小さな宿がかろうじて空いてました。

ただ、夜の街へ繰り出して飲むにはちょっと遠かった。仕方なくタクシーを利用することに・・・・。
で、どの店が良いかは、タクシーの運転手に聞くのがいちばん!
さっそく、地元の人しか行かない居酒屋を紹介してもらいました。ところが、仕事帰りのウチナンチューで大盛況!さすがはおススメの店と感心するも、座るところナシ(悲)
どうしようかと途方に暮れたワシ。

しばらくウロウロしていたら、あきらかに観光客とおぼしき人々が群れている店を発見しました。
ちょっくら中をのぞいたら、空いた席があったので入ってみました。

d0030373_13165168.jpg

店の名は「八重山料理 ゆらてぃく」
なんの予備知識もなくて入った店だったけど、ホームページをみればここが人気のある理由がわかります。
d0030373_13172343.jpgd0030373_13174342.jpg








定番の「海ぶどう」はしゃきしゃきして、「ミミガー」はこりこりして美味しかった。

d0030373_13181075.jpgd0030373_13182619.jpg








「ジューシー」(沖縄炊き込みごはん)のおにぎりを食べた後に、デザートということで「沖縄ぜんざい」を。黒糖ベースの蜜で、しつこくない甘さがゴキゲンでした。

d0030373_13211795.jpg

ところで、この店で「請福(せいふく)」という石垣島の泡盛に出会いました。
いままでの泡盛は何だったんだ~! っていうくらいハマッてしまい、以後はこればかり飲んでました^^
[PR]
by yurakuan | 2007-02-27 13:35 | ぶらり旅

石垣島訪問記(1日目・その2)

d0030373_1839710.jpg

石垣島観光でもっとも人気のあるポイント、「川平湾」に到着~。
うーん、思わず息を飲む青さは、噂通りの素晴らしさです。
潮の干満や太陽の光の具合で、海の色が多彩に変化するとか。
d0030373_18393413.jpg

ちなみに、この湾は潮の流れが速いため、遊泳禁止です。
でもね、暑かったし、思わず飛び込みたくなりました。
ここの観光は、グラスボートで珊瑚礁や熱帯魚を見るのが定番です。
砂浜をウロついていたら、「船に乗らない?」って客引きのおにーさんに誘われました。
d0030373_18395274.jpg

ワシはいままで国内外のグラスボートに乗ってきたけれど、ことごとく感動が足りなかった経験をしてきたので、今回もガッカリするのを恐れてパスしました。
ま、たんに乗船費をケチっただけというのが、本当の理由ですけど^^;
[PR]
by yurakuan | 2007-02-25 18:40 | ぶらり旅

石垣島訪問記(1日目・その1)

2月上旬に沖縄を訪れ、ついでに石垣島にも観光のために渡りました。
真冬の八重山諸島ってあまり天気が良くないと言われているのですが、滞在した3日間は信じられないくらいの晴天が続きました。
気温は連日25℃を超え、ただただ「あちゅい!」のひとこと。
寒さで縮こまっていた汗腺が、一気に開いた感じ。
道中、ペットボトルの「さんぴん茶」は常に手放せず、夜は夜でオリオンビールと泡盛をがぶ飲みしました。

そんなこんなの石垣島訪問記をシリーズでお伝えしましょう。

d0030373_1619867.jpg

d0030373_16193358.jpg

【1日目】
那覇での用事を済ませた翌日、飛行機で石垣島へ。
空港は拍子抜けするほど小さかったです。
迎えの車で宿へ行き、チェックイン後はただちに島巡り!
人口が集中している石垣市街地を抜けると、気持ちのいいパノラマが広がってきました。

はじめは島の東側にある玉取崎展望台です。
亜熱帯の森、どこまでも澄んだ珊瑚礁の海、足元にはハイビスカスの花々・・・・。
[PR]
by yurakuan | 2007-02-24 16:20 | ぶらり旅

沖縄の緋寒桜

d0030373_124872.jpg

d0030373_12482496.jpg

現在はもうとっくに満開を過ぎてしまっているようですが、ワシが沖縄に行ったとき(2月上旬)の那覇市内の桜はまだ3分咲きって感じでした。
エキゾチックな濃いピンク色の花が、いかにも南国らしくていいやね。
d0030373_12484255.jpg

那覇市中心部の桜の名所、与儀公園で撮影しました。
辺りには花の蜜を吸いにたくさんのメジロが飛び交ってました。
[PR]
by yurakuan | 2007-02-23 12:48 | ぶらり旅

島ラッキョウ!

d0030373_1862851.jpg

タイトルが無ければ「エビフライ」に見えるかもしれませんね。
コレは沖縄で「島ラッキョウ」と呼ばれている細長~いラッキョウを天ぷらにしてこんがり揚げたものなのです。
が、島ラッキョウはそのまんま塩漬けにした方が美味しいとワシは思います。
事実、他の居酒屋では塩漬けばかり食ってましたから。
[PR]
by yurakuan | 2007-02-22 18:07 | ぶらり旅

アグーとゴーヤの味噌炒め

d0030373_7503077.jpg

沖縄レポートは食べ物から始めます^^
第1回目はアグー(豚肉)とゴーヤの味噌炒めです。
沖縄料理といえば、ゴーヤは欠かせませんね。苦いので嫌いという人もいるけれど、アグーと味噌の甘味が苦味を消しているので、はゴーヤ嫌いでも大丈夫。おいしく食べられますよ。
[PR]
by yurakuan | 2007-02-21 07:50 | ぶらり旅

完成見学会に行ってきました

昨日は指宿に帰る途中で下車して、鹿児島市内で開催されていたシンケンの完成見学会に立ち寄りました。
完成見学会といえば、確か・・・・去年の春?以来なので、ずいぶん久しぶりでしたね。

今回お披露目になったお宅はJR指宿枕崎線の沿線に建てられているので、列車の車窓から工事の模様がよく見えてました。

で、((そのお宅のOMソーラーの集熱の仕様が少し違っているなぁ))って、工事中から気になっていたのですが、昨日、スタッフにそのことを聞いてみたら、「新しい工夫をしてるんですよ」って、やっぱりね。

鹿児島の気候風土や住まい手の暮らし方にマッチするために、随所に創意工夫が凝らされているのだけれど、OMソーラーにしてもそうあるべきだと思うのです。

久しぶりに訪れた完成見学会、居心地の良さを感じるいいお住まいでしたねぇ。
ワシも勉強になりました。
滞りがちのホームページの更新ですが、少し意欲が出てきました。
[PR]
by yurakuan | 2007-02-19 08:50 | 住まい

只今、足湯に浸かってます

d0030373_1293726.jpg

鹿児島の某所にある足湯でまったりしています。
ここの足湯には、ボンタンという、でっかい柑橘果物が浮かべられています。
[PR]
by yurakuan | 2007-02-18 12:09

ご無沙汰してます

とっくに種子島に戻っているのですが、いろいろ慌ただしい日々を過ごしています。
なので、ブログの更新はもとより、南の島で撮ったデジカメ写真の処理すらままなりません。
来週から頑張りますので、ブログ更新はもうしばらく休みます。
近頃の天気は寒暖の変動が大きいですね。また、各地でインフルエンザが流行っているようです。
皆様、ご自愛くださいませ。
[PR]
by yurakuan | 2007-02-16 17:41