「ほっ」と。キャンペーン

湯楽庵的日常

yurakuan.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

梅雨の準備 =ヤマアジサイ・その後=

d0030373_2052920.jpg

湯楽庵のある指宿も、そろそろ梅雨入りでしょうか。
ヤマアジサイの装飾花が開き始めてきてます。
[PR]
by yurakuan | 2007-05-31 20:52 | 雑木林の庭

その辺のムラサキカタバミ

d0030373_1923526.jpg

ムラサキカタバミは南アメリカ原産で、江戸時代末期に観賞用として渡来した帰化植物です。
いまはもう、どこにでも生えていますよね。よほど強靭な植物なのでしょう。

そういえば子どもの頃、このムラサキカタバミの葉っぱで遊んだことを思い出しますな。

葉っぱを根元から抜いて葉柄の芯を取り出し、その先端に葉がぶら下がった状態をつくる。
それを絡め合わせて引っ張り合い、どちらの葉がちぎれるかを競うという遊びでした。

そんなムラサキカタビラを、湯楽庵の植え込みのリニューアルに使おうと、一瞬だけ考えたのですが、芝生と同様、あとがタイヘンですね^^;

■お知らせ : 本日、湯楽庵ホームページの『庭活計画』を更新しました。
[PR]
by yurakuan | 2007-05-29 19:06 | 路傍の草花

島はデイゴの花盛り

d0030373_20313443.jpg

種子島でもあちらこちらでデイゴの花が盛りを迎えてます。
去年と比べると、花の数が多いような気がします。
沖縄では「デイゴの花が多い年は台風が多い」と言い伝えられていますが、ここ種子島ではそういう話はまだ聞きません。(たんに、ワシが知らないだけかも・・・)
d0030373_20315483.jpg

確かに、デイゴの花は多い年と少ない年があるようだけど、台風接近数との関係をきちんと調べた文献はあるのかなぁ。
[PR]
by yurakuan | 2007-05-28 20:32 | 島からの便り

その辺の黄色い小花

d0030373_18271556.jpg

まぁ、なんて言いましょうか、小さな小さな黄色い花がこんもりと咲いてます。
よく見ると、変わった花ですね。
d0030373_18272885.jpg

小さなサヤエンドウみたいな形の実がなっているので、たぶん、マメ科の植物と思うんですが・・・・。
[PR]
by yurakuan | 2007-05-26 18:27 | 路傍の草花

その辺の淡いピンクの草花

d0030373_2202883.jpg

カメラを持って散歩したときに見かけた花々・・・・。物悲しげにひっそりと咲いていたり、鮮やかな花で自己主張しまくっていたりしますよね。

そんな草花たちを紹介しますが、あくまでも道端や崖などに自然に生えているものだけです。
なお、ワシは草花の名前はほとんど知らないので、写真だけの掲載になります。
もし、その花の名を知ってる方がいましたら教えてください。よろしくです。
[PR]
by yurakuan | 2007-05-25 22:00 | 路傍の草花

かごしま水族館・その3

d0030373_15461751.jpg

しばらく館内を見て周って、玄関ホールのところへ戻ると何やら黒山の人だかりが!
ワシは魚の群れを見るのも好きだが、ヒトの群れを見るのも大好きである。
テレビカメラもずらりと並んでいて、「すわ、事件か」って行ってみたら・・・・。
d0030373_1546353.jpg

実をいうとワシと息子が訪れた日(5月19日)は、ちょうど入館者700万人達成の日だったんです。
700万人目のファミリーと、その前後のファミリーに記念品が贈呈されたのでした。

ワシたちが水族館に来てから1時間後の出来事----つまり、ワシたちは6百99万9千9百○○人目だったってことか。
うーん、もう少し遅れてくれば良かったなぁ^^;
[PR]
by yurakuan | 2007-05-23 15:48 | 鹿児島あれこれ

かごしま水族館・その2

いおワールド・かごしま水族館のふたつめの特徴とは・・・・。
イルカをどう魅せるかなのです。

かごしま水族館では(館内でも説明してますが)、「イルカショー」とは呼ばずに「いるかの時間」と呼ぶアトラクションがあります。
約20分間ですが、イルカの能力や体の仕組みをクイズ形式で学ぶことができます。

オープン当初は、他の「イルカショー」に比べて物足りなさを感じてたけど、久々に見て、「うんうん、これで良いではないか」と感心することしきり。
たんに芸を披露するだけでなく、イルカをもっと身近に感じることのできる企画なんですね。
d0030373_19435544.jpg

d0030373_19441232.jpg

d0030373_19443190.jpg

おまけに、水族館の目の前の錦江湾には野生のイルカの群れがよく見られ(オイラがよく乗る高速船からもときたま見ることができます)、なおさらイルカへの親近感が沸くというものです。
d0030373_19445095.jpg

こんなに間近でイルカが見られるのは、ちょっと他ではないかも!

ところで、この日、かごしま水族館では大事件が発生しました。その模様は次回で!
[PR]
by yurakuan | 2007-05-21 19:46 | 鹿児島あれこれ

かごしま水族館・その1

d0030373_2225094.jpg

週末、鹿児島へ渡って息子と落ち合い、ふたりで水族館に行きました。
水族館が大好きなワシは完全制覇はまだまだですが、北海道から沖縄まで全国各地の水族館を訪ねてマス。
かごしま水族館はオープン当初から通ってます。もちろん年間パスポートを持ってます(笑)

外観はシドニーの「オペラハウス」を模しているそうですが、近すぎてわかりませんね。
d0030373_22377.jpg

近くには桜島へ行くフェリーが頻繁に発着しています。
d0030373_2232366.jpg

このかごしま水族館は、ワシ的には大きくふたつの特徴があると思います。
そのうちのひとつは、黒潮大水槽を泳ぐ「ジンベエザメ」です。
ジンベエザメは鹿児島の西にある東シナ海でときどき網にかかるそうですが、それを訓練して、水槽の中へ。
かごしま水族館の大水槽の大きさは国内で五本の指に入るそうですが、5メートルを超す(5.8メートルが限界)と自然の海に戻すために訓練を始め、また東シナ海に放流するそうです。※これを鹿児島方式と呼んでます。
現在のジンベエザメ「ゆうゆ」は三代目で、すでに別の場所で四代目の飼育が始まってました。
[PR]
by yurakuan | 2007-05-20 22:05 | 鹿児島あれこれ

梅雨の準備 =ヤマアジサイ=

d0030373_220954.jpg

和風の庭に「アジサイ」は欠かせないな、と思うワシ。
でも、アジサイは成長が早くて、意外に場所を取る植物なんだと実感しています。

もちろん、花が終わる前にきちんと剪定して翌年の花期に備えるのだけど・・・・。切り詰めると花芽まで切ってしまうので、つい「少しだけ」と遠慮がちになってしまう。
アジサイを小さくしたいのなら、翌年の花をあきらめる勇気が必要ですね。

で、今年はどうしようか迷ってます。

湯楽庵ホームページの『庭活計画』のリニューアルと更新をしました。
2年ぶりの更新に、時の移ろいを感じずにはいられませんでした。
[PR]
by yurakuan | 2007-05-18 22:02 | 雑木林の庭

新緑の季節 =クスノキ=

d0030373_205221.jpg
土質改良で復活したクスノキは、今春も古い葉っぱを落として新葉に更新しました。
梢(こずえ)の高さはもう少しで新築当時の高さに戻る勢いです。もう「大丈夫」といっていいでしょう。

現在、ホームページの更新準備をやってます。
「庭活計画」を久しぶりに更新しますが、この際だからレイアウトの変更などもやってしまおうという魂胆デス^^;
なんとか今週中には更新を完了すべく、頑張ってます!
[PR]
by yurakuan | 2007-05-15 20:06 | 雑木林の庭