湯楽庵的日常

yurakuan.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

若葉萌え!

d0030373_1042579.jpg

d0030373_10431840.jpg

ヤマモミジは一部の枝が枯れてますが、概ね順調に芽吹き、鮮やかな新緑に包まれています。
紅葉があまり期待できないだけに、これから5月にかけてが湯楽庵にとってはいちばん良い季節といえます。


湯楽庵ホームページの新しい植物系コンテンツを4月上旬に公開する予定です。詳しいことはお気楽系サイト『湯楽庵』でお知らせしてマス。


最近、不快なスパムコメントの書き込みが横行しています。怪しげなサイトに誘導するURL付きのコメントに対しては、削除など毅然とした態度で臨んでいます。皆さまにも不愉快な思いをさせていることをお詫びします。
何はともあれ、スパムコメントは完全に無視して、お気軽に書き込みをしてください^^

[PR]
by yurakuan | 2008-03-28 10:47 | 雑木林の庭

春の彩り⑧「シモクレンの花」

d0030373_20195499.jpg

シモクレンの花がぽっこりと咲こうとしています。
実は3、4日前から何輪が咲き始めていたんだけど、雨・風に打たれてしまい、すぐにハラリと散ってしまったんです。

この花は完全に開ききってだらしなくなるよりも、開く寸前の方が気高い雰囲気を漂わせてくれますな。不思議な花です。


湯楽庵ホームページの植物系コンテンツ『雑木林index』のリニューアル版を4月初旬に公開する予定です。もうしばらくお待ちくださいまし。


最近、不快なスパムコメントの書き込みが横行しています。怪しげなサイトにに誘導するURL付きのコメントに対しては、削除など毅然とした態度で臨んでいます。皆さまにも不愉快な思いをさせていることをお詫びします。
何はともあれ、スパムコメントは完全に無視して、お気軽に書き込みをしてください^^

[PR]
by yurakuan | 2008-03-25 20:23 | 雑木林の庭

春の彩り⑦「クスノキの新芽とヤマモミジの花」

d0030373_17522732.jpg

いまクスノキが薄っすらと色付いてます。
枝先にオレンジ色の新芽が出始めているから。
これから新芽が大きくなるにつれ、古い葉っぱはどんどん落ちてゆきます。
年に一度の葉っぱの新旧交代期。

d0030373_17524718.jpg

ハート型のヤマモミジの種は観たことあるかもしれませんが、
モミジの花ってこんなです。小さくて目立たないから、近付かないとわからない^^;
モミジは春の芽吹きとともに花も咲かせるのです。


現在、湯楽庵ホームページの植物系コンテンツ『雑木林index』のリニューアル版を製作中です。公開までもうしばらくお待ちくださいまし。


最近、不快なスパムコメントの書き込みが横行しています。怪しげなサイトにに誘導するURL付きのコメントに対しては、削除など毅然とした態度で臨んでいます。皆さまにも不愉快な思いをさせていることをお詫びします。
何はともあれ、スパムコメントは完全に無視して、お気軽に書き込みをしてください^^

[PR]
by yurakuan | 2008-03-22 18:01 | 雑木林の庭

春の彩り⑥「ツワブキ」

d0030373_954591.jpg

ツワブキは、年中、芽を出してにょきにょき伸びて、大きくなりすぎると雨や風でばったり倒れて・・・・の繰り返しなんだけど、この春先の時期の新芽はボリュームがあってなかなか見ごたえがありますな。

もちろん食べようと思えば食べられます。
が、野に自生しているのと違って愛着があるからなぁ、ちょっと無理だな^^;


お気楽系ホームページ「湯楽庵」を更新しました^^

現在、湯楽庵ホームページの植物系コンテンツ『雑木林index』のリニューアル版を製作中です。公開までもうしばらくお待ちくださいまし。


最近、不快なスパムコメントの書き込みが横行しています。怪しげなサイトにに誘導するURL付きのコメントに対しては、削除など毅然とした態度で臨んでいます。皆さまにも不愉快な思いをさせていることをお詫びします。
何はともあれ、スパムコメントは完全に無視して、お気軽に書き込みをしてください^^

[PR]
by yurakuan | 2008-03-19 09:56 | 雑木林の庭

春の彩り⑤「ユキヤナギとヤマアジサイ」

d0030373_17324432.jpg

いまあちこちで白い小花をびっしりと咲かせたユキヤナギを見かけます。
湯楽庵のユキヤナギも“世間並み”のタイミングで咲きました。
ただし、花の量は少なめですが^^;

d0030373_1733152.jpg

ヤマアジサイも元気です。
去年の花後に切り過ぎた?と思えるほど大胆な剪定を行ったんだけど、秋にかけてまたぐんぐん茎が伸びてしまって・・・・。
やっぱりアジサイは大きくなり易いというのはホントでしたね。


お気楽系ホームページ「湯楽庵」を更新しました^^

現在、湯楽庵ホームページの植物系コンテンツ『雑木林index』のリニューアル版を製作中です。公開までもうしばらくお待ちくださいまし。


最近、不快なスパムコメントの書き込みが横行しています。怪しげなサイトにに誘導するURL付きのコメントに対しては、削除など毅然とした態度で臨んでいます。皆さまにも不愉快な思いをさせていることをお詫びします。
何はともあれ、スパムコメントは完全に無視して、お気軽に書き込みをしてください^^

[PR]
by yurakuan | 2008-03-17 17:41 | 雑木林の庭

体力の限界を実感・・・「いぶすき菜の花ウォーク・最終回」

篤姫ゆかりの地ということで今和泉家別邸跡などを見て周ったのでございますが、立ち止まっては写真を撮り・・・・などしておりましたら、すっかり本来の歩くペースが乱れてしまったのでした。
昨日からの疲労と足の痛みが増してきて、ゴールすら危ぶまれる事態に陥ったのでした。

10時33分(スタートから2時間3分経過・10.6キロ地点)
とりあえずお茶が飲めるところということで、今和泉小学校裏の休憩所へ。
石垣が組まれた松林・・・・かつて篤姫が幼少のみぎりに遊んだ場所でございます。
小学校の敷地内には篤姫が使ったとされる「手水鉢」がございますが、残念ながら立ち入ることができませんでした。

d0030373_1856117.jpg

d0030373_18562081.jpg

以前はこういう標識とか、東屋風の休憩所はございませんでした。
さすがは大河ドラマ効果とでも申しましょうか。ここぞとばかりカネかけてございます。

ここには「篤姫」扮する綺麗どころがお神酒を注いでおりましたが、疲れ果てているワタクシは、お神酒はおろか、写真を撮るのも忘れて、しばし黒砂糖を口に入れながらお茶をすするのでした。

d0030373_18565275.jpg

その後、かつての今和泉郷の名残を留める石垣に囲まれた小路を通って、今回の「篤姫コース」の中間地点である、通称「篤姫駐車場」にたどり着いたのでした。
まだ、あと半分も残っている・・・・情けないことに、ワタクシは少し絶望的になりつつも、ひたすら歩き続けるのでございます。

残り11キロ余り
海岸沿いの向かい風も災いして体力が消耗し、足の痛みは頂点に達したのでした。
途中、写真を撮ることなどもってのほかでございました。

12時45分(スタートから4時間15分経過)ずぶどろ状態で、ゴールの「いぶすき菜の花館」へ到着致しました。
コンソメスープに、山川港のかつお節パックなどをタダで頂き、弁当をパクつき、ようやく生き返ったのでございます。

今回の菜の花ウォークは、一昨年よりもハードでございました。
その後、両足の甲が腫れ上がって、1週間まともに歩けませんでした。
こういうことの無いよう、来年に向けて日頃からの鍛錬を怠ってはならぬと、堅く誓ったのでございます。(おわり)

お気楽系ホームページ「湯楽庵」を更新しました^^


最近、不快なスパムコメントの書き込みが横行しています。怪しげなサイトにに誘導するURL付きのコメントに対しては、削除など毅然とした態度で臨んでいます。皆さまにも不愉快な思いをさせていることをお詫びします。
何はともあれ、スパムコメントは完全に無視して、お気軽に書き込みをしてください^^

[PR]
by yurakuan | 2008-03-13 19:03 | 田舎暮らし

春の彩り④「ヤマモミジの芽吹き」

d0030373_14273816.jpg

ここ2、3日で急に春めいてきましたね。おかげで植物たちは一気に芽吹いてます。
二本のヤマモミジも、緋寒桜みたいにジワジワじゃなく、どばぁっと芽吹きました。

モミジのことをカエデとも言いますが、語源は「蛙手(カエルデ)」からきているそう。
芽吹いたばかりの頃は、まさにカエルの手そっくりですね^^

d0030373_1428237.jpg

以前、紹介した「玉之浦」というツバキも、優雅な花を2輪つけました。
こっちの方が花の特徴が分かり易いので、再び掲載します。


お気楽系ホームページ「湯楽庵」を更新しました^^


最近、不快なスパムコメントの書き込みが横行しています。怪しげなサイトにに誘導するURL付きのコメントに対しては、削除など毅然とした態度で臨んでいます。皆さまにも不愉快な思いをさせていることをお詫びします。
何はともあれ、スパムコメントは完全に無視して、お気軽に書き込みをしてください^^

[PR]
by yurakuan | 2008-03-12 14:28 | 雑木林の庭

春の彩り③「やっと咲いた緋寒桜」

d0030373_11361293.jpg

湯楽庵の緋寒桜が3日前から咲き始めました。
この桜って、鹿児島や指宿市内では1月下旬から2月上旬には満開を迎えていたんだけど・・・・。

まだ湯楽庵に来て2年しか経っていないからだろうか。
根が活着するまでは咲かない桜があるというくらいだから、花が咲くだけマシと思ってマス。
それに、去年は島で暮らしていたので、施肥や水遣りの管理ができなかったのも影響しているかもしれません。

まぁ、とにかく、ホッとしてます。

緋寒桜は「彼岸桜」と混同しないよう、近年は寒緋桜と呼ばれるのが一般的です。
しかし、鹿児島ではまだ緋寒桜の方が通りがいいので、この呼び方を使ってます。


近日中に、お気楽系ホームページ「湯楽庵」を更新します^^


最近、不快なスパムコメントの書き込みが横行しています。怪しげなサイトにに誘導するURL付きのコメントに対しては、削除など毅然とした態度で臨んでいます。皆さまにも不愉快な思いをさせていることをお詫びします。
何はともあれ、スパムコメントは完全に無視して、お気軽に書き込みをしてください^^

[PR]
by yurakuan | 2008-03-11 11:36 | 雑木林の庭

篤姫ゆかりの地「いぶすき菜の花ウォーク・その12」

篤姫ゆかりの地・今和泉地区散策コースでございます。
あくまでもウォーキングに徹するという参加者は、すたすたと通り過ぎるのございますが、ちょうど雨も上がったこともあり、ワタクシはすっかりイチ観光客として篤姫ゆかりの地を散策したのでした。

d0030373_1817875.jpg

d0030373_18173151.jpg

道端に「田の神さぁ」(たのかんさぁ)が祀られておりました。
田の神さぁはかつての薩摩藩内のいたるところに祀られていて、現在も、鹿児島県内と宮崎県南西部のそこかしこに鎮座しているのでございます。
なかには、極彩色に塗られた田の神さぁや、見るからに五穀豊穣よりは子孫繁栄を祈ったとしか思えない変わりダネの田の神さぁを見かけることがございますが、ここ今和泉の田の神さぁは、大型の地味な部類に入るのでございます。

d0030373_18175074.jpg

田の神さぁのすぐ近くには、「豊玉媛神社」がございます。
天徳4年(西暦960年)に創建したと伝えられ、薩摩今和泉家の崇敬を受け、地元ではデメジンサーと呼ばれております。

鳥居前に立つ仁王像は、それぞれ「阿形像」(あぎょうぞう)、「吽形像」(うんぎょうぞう)と呼ばれておりますが、実を申しますと、明治時代の廃仏毀釈で取り壊しの憂き目に遭ったのでございます。
バラバラに壊された二体の仁王像は、近くの畑に埋められたり、民家の石垣の基礎に使われたりしていたのですが、大河ドラマ「篤姫」の放映が始まるのを期に、バラバラに発掘された仁王像を指宿市教育委員会が復元し、およそ140年ぶりに、ここ豊玉媛神社に里帰りしたのでございます。

d0030373_18181549.jpg

豊玉媛神社の伝説や、数奇な運命をたどった仁王像のお話を、地元ボランティアが熱く語ってくれたのでございます。(つづく)

ボランティアガイドはJR薩摩今和泉駅に常駐しています。訪れる機会がありましたら、お気軽に声をおかけくださいまし。

最近、不快なスパムコメントの書き込みが横行しています。怪しげなURLに誘導するコメントに対しては、削除など毅然とした態度で臨んでいます。皆さまにも不愉快な思いをさせていることをお詫びします。
何はともあれ、スパムコメントは完全に無視して、お気軽に書き込みをしてください^^

[PR]
by yurakuan | 2008-03-07 18:24 | 田舎暮らし

篤姫ゆかりの地を散策「いぶすき菜の花ウォーク・その11」

冷たい雨は止む気配は無く、ただ、ひたすら、歩くのみでございました。
車道と歩道を分けるフェンスが続くところや交通量の多い国道沿いでは、狭い歩道を2~3列縦隊で歩くほかございません。
早歩きのペースに合わせなければならず、これはたいそう、きつうございました。

雨に打たれ、なおかつ自分のペースで歩けないことほど辛いことはありません。
当然のことながら、立ち止まって写真を撮ることなんてできやしません。


10時03分(スタートから1時間33分経過・8.8キロ地点)
d0030373_203314100.jpg

d0030373_2036419.jpg

篤姫ゆかりの地・今和泉・・・・。
その玄関口であるJR薩摩今和泉駅でございます。
彼の地は、江戸時代には今和泉郷の中心であり、集落内には今和泉島津家ゆかりの史跡が数多く点在しているのでございます。

d0030373_20333688.jpg

d0030373_20335288.jpg

ここは今和泉家墓地にございます。
篤姫の実父である島津忠剛や兄の忠冬も眠っています。
要所要所に地元のボランティアガイドさんがいて、詳しく説明をしていただいたのでした。(つづく)

ボランティアガイドはJR薩摩今和泉駅に常駐しています。訪れる機会がありましたら、お気軽に声をおかけくださいまし。

※最近、不快なスパムコメントの書き込みが横行しています。怪しげなURLに誘導するコメントに対しては、削除など毅然とした態度で臨んでいます。皆さまにも不愉快な思いをさせていることをお詫びします。
エキサイトブログの管理者に対しては、コメント書き込みを認証制にするなど断固たる措置を望んでいるところです。
[PR]
by yurakuan | 2008-03-04 20:37 | 田舎暮らし