湯楽庵的日常

yurakuan.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

初夏の締めは、この花で

d0030373_8135740.jpg

今年もサツキの花がパラパラと咲いています。

湯楽庵のサツキは日当たりの良いところから半日陰のところへ、順次、咲いていくので、一気に咲き揃うという感じではありません^^;
この傾向は、年数を経るごとに顕著になってきているようです。
[PR]
by yurakuan | 2008-05-30 08:28 | 雑木林の庭

移りゆく季節・ヤマアジサイ

d0030373_23154780.jpg

ヤマアジサイの花(装飾花)が開きました。
新緑がまぶしかった春から初夏・・・・そして、季節は移り、いよいよ梅雨の季節が近付いてきました。

d0030373_23162126.jpg

ところでこのアジサイ、去年の花後にざっくりと切り詰めたわけですが、いまではこの通り、板塀の高さを越えようかという勢いです。
実をいうと、すぐそばのヒカンザクラへ与えたつもりの肥料が、ヤマアジサイに殊のほか効いたらしい。
周りのシラカシやアカガシも成長がすこぶる良いし^^;
[PR]
by yurakuan | 2008-05-27 23:17 | 雑木林の庭

いったい、この建物は?

d0030373_21272572.jpg

京都の「永観堂」は、紅葉の名所として名高い古刹です。
写真は新緑の季節に撮ったものですが、すでにその片鱗がうかがえるというものです。

この永観堂の境内には幼稚園とかあるんだけど、この建物は、確か図書館ではなかったかな?
訪れたのはずいぶん前のことだから記憶が定かではないのですが・・・・。
[PR]
by yurakuan | 2008-05-22 21:29 | ぶらり旅

うっかり消えてしまったぁ

d0030373_2054595.jpg

5月20日にアップしたヤマボウシのネタをうっかり削除してしまいました。
とりあえず復活させます。

今年も元気だけど、花芽がまったくないので花を拝むのはお預けです。
[PR]
by yurakuan | 2008-05-21 20:55 | 雑木林の庭

撮っておきの新緑・番外編②

d0030373_22293534.jpg

祇園界隈を歩けば舞妓さんに会えるかもしれない・・・・などと、不埒なことを考えてたワシ。

で、意外なことに、すぐに見つけることができたんですねぇ。
ただし、本物ではないけど。

どうやら貸衣装屋とかが「祇園で舞妓さん体験コース」みたいなことをやってるらしい。
まぁね、本物じゃなくても、見てるだけで華やいだ雰囲気になるから良しとしましょう。

面白かったのは、外国人と日本人観光客の違いです。
外国のヒトたちは、舞妓さんを見つけるや否や「ワァーオ」とか言ってすぐに取り囲んでしまう。でもって、にわか撮影会が始まるんですねぇ。

一方、日本人の観光客は、その外国人たちの後ろとか隙間から遠慮がちにデジカメのシャッターを押すという・・・・。
ワシもそんな日本人のひとりでしたけど^^;
もちろん、大喜びで近付いて行く日本のおばちゃんグループもいましたよ。

写真はそんな大賑わいの「にわか撮影会」が終わって、路地へ消えていく後姿を。いかにも京都らしいっすねぇ。

湯楽庵ホームページを更新しました~。やれやれ・・・・^^;
今回はボタニカル・ライフのメインコンテンツである「雑木林index」の一部公開を始めました。
こちらからもジャンプできます → 「お気楽系サイト・湯楽庵」
[PR]
by yurakuan | 2008-05-16 22:42 | ぶらり旅

撮っておきの新緑・番外編①

d0030373_2137650.jpg

近頃、ネタ枯れ・・・・というか、ずっと前からそんな感じの当ブログ^^;
そんなわけで、困ったときの撮り溜めシリーズが復活デス。

今回は「京都・東山のシルエット」
いかにも京都らしい1枚です。

湯楽庵ホームページ、ボタニカル・ライフのメインページである「雑木林index」の第1回目の更新を5月15日に予定しています。
[PR]
by yurakuan | 2008-05-13 21:37 | ぶらり旅

キャンディローズ^^;

d0030373_15473251.jpg

湯楽庵のニューフェイスです。
宿根草のバーベナで、品種名は「キャンディローズ」なんだと^^;
いやはや、おぢさんはこの歯の浮くようなネーミングにたじろいだりするわけですな。

でも、この花は甘い名前とは裏腹に、すこぶる強健なんだそう。

で、この場所には見覚えがありませんか?
そうです。あのランタナ事件と同じ場所に植えてるんです。今度は大丈夫か?
[PR]
by yurakuan | 2008-05-11 15:49 | 雑木林の庭

撮っておきの新緑・南禅寺編③

d0030373_2101144.jpg

南禅寺の境内に忽然と現れるレンガ造りの建物!
これが有名な「水路閣」です。
CMや雑誌、サスペンスドラマのロケ地などなど、見たことのあるヒトも多いのでは。

d0030373_20591523.jpg

明治21年(1888年)に琵琶湖疏水を引くために造られたアーチ橋なのです。
古代ローマの水道橋を手本にしているということですが、完成当時は「こんなところに、こんなものが」と、違和感があったのかもしれませんね。

d0030373_211179.jpg

d0030373_2113538.jpg

でも、今では新緑の中に古びた赤レンガが溶け込み、とってもいい感じデス。
あ、もちろん、橋の上では水が勢いよく流れてますよ。

これで「撮っておきの京都シリーズ」をひとまず終わります。また、ネタに困ったら、第2弾をやろうかと・・・・^^;
それにしても、こうして撮りだめしていた写真を眺めたら、また京都に行きたくなりました。
[PR]
by yurakuan | 2008-05-08 21:06 | ぶらり旅

撮っておきの新緑・南禅寺編②

d0030373_1013986.jpg

額縁のような三門をくぐって法堂へ。
カエデや桜の新緑とともに、根元を覆う苔の緑が瑞々しい。

d0030373_102434.jpg

法堂の脇には八重桜が咲いてました。

d0030373_1022989.jpg

すごく手の込んだ造り! 見ていて飽きないなぁ。
神社仏閣めぐりは美しい庭園とともに、建物の造形美も見どころですな。
[PR]
by yurakuan | 2008-05-06 10:04 | ぶらり旅

撮っておきの新緑・南禅寺編①

d0030373_11214720.jpg

撮りだめしていた京都の旅の写真を一気に大放出!
てなわけで、南禅寺編の始まりです^^

このお寺は臨済宗南禅寺派の大本山として・・・・・という説明は他に譲って、とにかく見応えのある人気スポットだけに、参拝客も大勢いましたな。

国の重要文化財の「三門」は、寛永5年(1628年)、藤堂高虎が大阪夏の陣での戦没者を弔うために寄進して建立したそう。
高さは22メートル。歌舞伎「楼門五三桐」で、この三門の楼上で「絶景かな、絶景かな」と激賞する石川五右衛門の名台詞はつとに有名ですな。

d0030373_1122959.jpg

d0030373_11223362.jpg

別名を「天下龍門」と呼ばれる荘厳な三門。
その門の向こう側に広がる鮮やかな新緑の世界! うおぉぉぉ~と叫んでしまったくらい綺麗でした。
紅葉の時期であれば、それはもう、素晴らしい光景に違いありませんね。ぜひ紅葉のときに再訪したいものです。

湯楽庵ホームページ「ボタニカル・ライフ」をちょこちょこっと更新してます。
[PR]
by yurakuan | 2008-05-04 11:36 | ぶらり旅