湯楽庵的日常

yurakuan.exblog.jp
ブログトップ

9月の台風の爪あと

d0030373_16241147.jpg

先月は、2個の台風が指宿の近くを通りました。
いずれの台風も風は強かったものの、指宿に大きな被害をもたらす程ではなかったようですが・・・。
(9月の指宿に戻ったのは上旬だけで、その後はずっと宮崎にいました)

とりわけ、9月16日~17日に九州の西海上を北上した台風16号では、海からの風が非常に強く、錦江湾の波しぶきが陸に吹きつけていたようです。
ひと月振りに指宿に戻ってみて、海辺はひどい状況だったにに違いないと思わせる光景が、そこかしこに見られました。

d0030373_1628356.jpg

湯楽庵でも落葉樹、常緑樹問わず、台風の塩害によって海に面した方の葉っぱが変色しています。
d0030373_16293539.jpg

「ヤマモミジ」もご覧の通り。
残念ながら、この秋の紅葉は期待できません。

d0030373_16304962.jpg

でも、梢の方は新葉が芽吹いています。
台風が過ぎ去った直後に全部の葉っぱを強制的に落としたならば、今頃は時期外れの新緑に包まれて、12月には綺麗な紅葉が拝めたかもしれませんね。まぁ、それをやると樹木に負担をかけてしまうのですが。

d0030373_16361595.jpg

春に見事な花を咲かせる「ハナモモ」です。これも、季節外れの芽吹きです。
その他にも、「ナツツバキ」、「ヤマボウシ」、「ツツジ」なども芽吹いています。

一方、「サザンカ」や「ツバキ」は、さすが海沿いの環境で育つ植物です。何事もなかったかのように葉っぱは青々としています。
でも、よく見ると、一部の花芽が枯れていました。これから花の季節を迎えますが、どの程度影響が出るのか心配です。
[PR]
by yurakuan | 2012-10-14 16:47 | 雑木林の庭