湯楽庵的日常

yurakuan.exblog.jp
ブログトップ

2010年 11月 12日 ( 1 )

ぶらり、柴又めぐり・その5

d0030373_2184868.jpg

というわけで、柴又帝釈天です。写真は帝釈天入口の「二天門」
正式には経栄山・題経寺といいます。柴又七福神では「毘沙門天」を祀っていて、勝負事の神様なんだとか。一般的には厄除け、延寿、商売繁盛に御利益があるとされています。

d0030373_219373.jpg

二天門をくぐれば、正面に帝釈堂が目に入ります。
それにしても、お堂の前にある松の立派なこと!
これは「瑞龍の松」と呼ばれています。

「男はつらいよ」で、笠智衆演じる御前様が寅さんに語りかけるシーン、佐藤蛾次郎演じる寺男・源公が境内の掃除をしているシーン、そして、境内で遊んでいた近所の子供たちが寅さんをおちょくるシーンを、しみじと思い出したのでした。

◆10年目を迎えた湯楽庵ホームページ更新情報
・11月5日、ボタニカルライフの「苔(モス)・プラン」を更新しました。
・11月中旬に湯楽庵探訪の住まいづくり編 ⇒ 「番外編」を更新する予定です。
こちらからもジャンプできます。 ⇒ 
『10年目を迎えた湯楽庵HP』
[PR]
by yurakuan | 2010-11-12 21:10 | ぶらり旅